/

この記事は会員限定です

米の消費関連企業、4割が採算悪化 コスト吸収力で明暗

ウォルマートは値上げ遅れ インフレ対応で収益格差 

(更新) [有料会員限定]

【ニューヨーク=堀田隆文】米国の消費関連企業の業績が明暗を分けている。インフレが進んで人件費や調達費がかさむなか、主要企業の4割で採算が悪化した。価格転嫁の巧拙が収益格差につながっており、値上げが遅れたウォルマートは減益となった。「脱コロナ」の動きや歴史的な物価高は米市民の消費行動を大きく変えつつある。環境変化への対応次第で、格差がさらに広がる可能性がある。

26日に百貨店メーシーズなどが202...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1574文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン