/

バイデン米大統領、英首相と電話 「特別な関係強化を」

バイデン米大統領はジョンソン英首相との電話で、対中国やイラン、ロシア政策での協調を確認した=ロイター

【ワシントン=中村亮】バイデン米大統領は23日、英国のジョンソン首相と電話した。歴史的な米英の「特別な関係」や北大西洋条約機構(NATO)を通じた米欧同盟の強化を目指す意向を伝えた。気候変動に加え、対中国やイラン、ロシア政策での協調も確認した。

バイデン氏が20日の大統領就任後に電話するのは、カナダとメキシコに続いて3カ国目。新政権発足後に隣国や欧州主要国から対話を始めるのは米国の外交儀礼に沿ったものだ。「米国第一」の外交方針を掲げて慣習を軽視したトランプ前大統領からの転換を印象づける。

米ホワイトハウスと、バイデン氏は電話で英国が議長国を務める6月の主要7カ国首脳会議(G7サミット)や11月の第26回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP26)の成功に向けて緊密に連携していく方針を示した。英首相府は、米英の自由貿易協定(FTA)も話題にのぼったと説明した。

サキ米大統領報道官によると、バイデン氏は同盟国や友好国と優先的に電話での対話を始めていく。ドイツやフランス、日本や韓国、オーストラリアなどの首脳とも近く電話するとみられる。

まるわかりバイデン政権始動

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

バイデン政権

アメリカの「バイデン政権」に関する最新ニュースを紹介します。その他、日米関係や米中対立、安全保障問題なども詳しく伝えます。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン