/

10月の米住宅価格指数1.5%上昇 前年比1割高、急騰続く 

米バージニア州で建設中の売り家=ロイター

【ワシントン=長沼亜紀】米連邦住宅金融庁(FHFA)が23日発表した10月の全米住宅価格指数(季節調整済み)は前月比1.5%上昇した。過去最大の伸びとなった前月(1.7%)からは鈍化したが、価格の急騰が続いた。

住宅価格は、春先の新型コロナウイルス危機から経済再開が本格化した5月以降5カ月連続で上昇している。10月は前年同月比では10.2%の値上がりを記録した。

FHFAは「超低金利の住宅ローンと供給不足が、引き続き値上がりを後押ししてる」と分析した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン