/

この記事は会員限定です

ソフトバンクG出資で急拡大、米建設カテラ破綻の教訓

(更新) [有料会員限定]

ソフトバンクグループ(SBG)が25億ドル(約2800億円)規模の資金をつぎ込んだ米国のスタートアップ企業、カテラが経営破綻した。同社はIT(情報技術)を利用して旧態依然とした建設業界を変革すると意気込んだが誤算が続いた。破綻劇は安易なデジタルトランスフォーメーション(DX)に対する警鐘にもなる。

米シリコンバレーから車で北東に1時間。工業団地の一角にカテラの旧トレーシー工場があった。2019年に稼働したばかりで、延...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1754文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン