/

米財務長官、法人税引き上げを支持 米下院で証言

イエレン米財務長官は「法人税の引き下げ競争を終わらせたい」と語った=AP

【ワシントン=長沼亜紀】イエレン米財務長官は23日の議会下院金融サービス委員会の公聴会で、バイデン政権による追加経済対策について「人々は生活基盤を失わずに危機を乗り越えられる」と述べ、財政出動の重要性を強調した。その上で、「税制改革が(財源を)賄うのを助ける」と指摘。「世界が競って法人税を引き下げてきたが、それを終わらせたい」と、将来的な法人税の引き上げを支持する考えを表明した。

米メディアはバイデン政権がインフラ整備を含む総額3兆ドル(約330兆円)規模の成長戦略を検討していると報じており、財源にも注目が集まっている。イエレン氏は、法人税引き下げ競争の是正に加え、海外へ拠点を移した米企業への罰則的な税制にも言及した。増税を含む成長戦略は「米経済が再び強くなったとき」に実施するとして、景気回復に水を差すことはないとの認識を示した。

一方、米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は、「インフレの影響は大きくもなければ継続もしないだろう」と証言し、景気回復による物価上昇は持続しないとする従来の見解を繰り返した。

1.9兆ドル規模の追加財政出動と新型コロナウイルスワクチンの普及で米景気は回復し始めており、物価上昇への懸念が強まっている。パウエル議長は、前年の物価が低いために伸び率が大きくなる「ベース効果」に急ピッチな需要回復が加わり、物価は一時的に上昇するとの認識を示した。インフレは持続的ではなく、上昇が懸念される場合には「対処するツールがある」とも述べた。

両者が出席した公聴会は、約1年前に成立した緊急経済対策(新型コロナウイルス支援・救済・経済安全保障法)に基づいて開かれた。

FRBのブレイナード理事は同日、ボストンのイベントで、気候変動が金融システムにもたらす課題に対処するために、FRBが新たに2つの委員会を設置したと明らかにした。

FRBの気候変動に関する取り組みに対して、公聴会では共和党議員が、監督強化で温暖化ガス排出企業への融資に悪影響がでると懸念を示した。これに対しパウエル議長は、「金融機関がリスクに備えるようにするのが役割だ」とした上で「リスクがどのようなものかの理解に努めている段階だ」と述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン