/

この記事は会員限定です

偏見撲滅へ 立ち上がるアジア系アーティスト

米州総局 河内真帆 

[有料会員限定]

米国の大都市でやまないアジア系の人々へのヘイトクライム(憎悪犯罪)に対し、同じアジア系のアーティストたちが動き始めた。さまざまな表現方法を使ってコミュニティー内外にメッセージを伝えようと懸命だ。

観光客や買い物客が戻ってきたニューヨークのチャイナタウン。カニ料理で行列が絶えないレストランが入居するビルの横壁に6月中旬、壁画アーティストのジェス・X・スノーさん(29)の「私たちアジア系共同体の未来は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2563文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

グローバルViews

いま大きく揺れ動く、世界経済。 自分か。自国か。世界か。このコラムでは、世界各地の記者が現地で起きる出来事を詳しく解説し、世界情勢の動向や見通しを追う。 今後を考えるために、世界の“いま”を読み解くコラム。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン