/

この記事は会員限定です

揺れる経済対策、ベゾス氏元妻のプレゼント(NY特急便)

米州総局 清水石珠実

(更新) [有料会員限定]

23日の米株式市場でダウ工業株30種平均は反発し、前日比114㌦高の3万0129㌦で引けた。新型コロナウイルスワクチンの普及期待で買いが優勢となった。一時270㌦超上げる場面もあったが、取引終了にかけて米政治の先行き不透明感が意識され上げ幅を縮めた。

トランプ米大統領が現金給付の増額を求めて米議会が可決した追加経済対策案に「待った」をかけたため、米国民は再び政府からいつ小切手が届くのかをヤキモキし...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1151文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン