/

この記事は会員限定です

米個人消費に減速感 11月、外食や衣料5兆円減

[有料会員限定]

【ニューヨーク=白岩ひおな】新型コロナウイルスの感染拡大が続く米国で、個人消費に再び減速感が出ている。感染増が深刻な地域が相次いで飲食店の店内営業禁止などの規制強化に踏み切っているためだ。政府の追加経済対策が成立すれば現金給付による家計の手元資金増も見込まれるが、外食など受け皿となる産業の体力は削られており、消費低迷が長期化するリスクもある。

米商務省が23日発表した11月の個人消費支出(PCE)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1356文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン