/

この記事は会員限定です

「報道砂漠なくせ」米富豪や新興勢、ローカル報道に参入

[有料会員限定]

【ニューヨーク=清水石珠実】米国で地方紙などローカル報道を支援する動きが広がっている。老舗新聞社トリビューン・パブリッシングの買収に地元の富豪らが名乗りを上げ、新興勢力による地方メディアの立ち上げも相次ぐ。背景には、ネットや買収ファンドの台頭で地方紙業界の縮小が続き、地元に根ざした情報が届かない「報道砂漠」が広がっていることへの危機感がある。

2月中旬、米投資ファンド、アルデン・グローバル・キャ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2719文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン