/

米ナイキ、ロシア事業から完全撤退へ

【ニューヨーク=河内真帆】米ナイキがロシア事業から完全に撤退することが23日分かった。ロイター通信など複数のメディアが報じた。3月初旬にはロシア国内で通信販売を停止し、店舗も一時閉鎖していた。ロシアとウクライナをあわせた売上高は同社全体の1%未満で、撤退による直接的な影響は限られる。

同社はロシアによるウクライナ侵攻に強く抗議しており、完全撤退で反対の姿勢をより明確にする。メディア各社への声明では「ロシア市場から離れる決定をした。我々の優先課題は、今後責任を持ちながら業務を縮小する間に従業員を支援することだ」と表明した。ナイキのサイトによると、ロシアでは直営とフランチャイズ店を含めて50店舗超を展開している。

ナイキは3月にロシアでの通販を停止し、その後は店舗を一時閉鎖した。現地メディアによると、5月下旬にはフランチャイズ店に対して契約を延長しないと通達していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン