/

米ファイザー、新型コロナ治療薬の治験を開始 経口型

(更新)
米製薬大手ファイザーは新型コロナウイルス治療薬の初期段階の治験を開始した=ロイター

【ニューヨーク=野村優子】米製薬大手ファイザーは23日、新型コロナウイルスの治療薬について初期段階の臨床試験(治験)を開始したと発表した。感染者の体内でウイルスの増殖を防ぐ作用を持つ。口から飲む経口薬で、注射薬などに比べて利便性が高いのが特徴だ。

治験は米国で実施され、健康な成人が治験参加者となる。同治療薬は、ウイルスが体内で感染を広げるのに必要なプロテアーゼという酵素の働きを阻む「プロテアーゼ阻害薬」という。ファイザーは併せて、入院患者を対象にした静脈注射で投与する新型コロナ治療薬の治験も進めている。

同日、遺伝子情報から作る「メッセンジャーRNA(mRNA)」という新技術を活用した新たなワクチン開発に取り組む方針も明らかになった。ファイザーのアルバート・ブーラ最高経営責任者(CEO)が米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)のインタビューで言及した。ファイザー製の新型コロナワクチンは独ビオンテックと共同開発したmRNAワクチンで、この成功を踏まえて新型コロナ以外のウイルスに対応する。

新型コロナ特集ページへ

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン