/

米銀大手、共同のオンライン決済検討 米紙報道

【ニューヨーク=竹内弘文】JPモルガン・チェースやバンク・オブ・アメリカ、ウェルズ・ファーゴなど米銀大手が共同で、オンライン決済システム稼働を検討していることが23日分かった。クレジットカードにひも付いたシステムで、利用者はカード番号を入力せずにネット通販で購入できるようになる。先行するフィンテック事業者に対抗する構えだ。

米紙ウォール・ストリート・ジャーナルが報じた。米銀が共同出資するアーリー・ウォーニング・サービシズ(EWS、アリゾナ州)が運営し、2023年後半にもサービスを始める計画という。EWSは個人間の小口送金サービス「ゼル(Zelle)」を運営する。新たに始めるサービスの名称は未定だが、ゼルとは異なるブランドになる公算が大きい。

一般に「デジタルウォレット(電子財布)」と呼ばれる仕組みを用いる。各行が発行するクレジットカードやデビットカードと連携することで、利用者はネット通販事業者にカード番号などの情報を知らせずに買い物ができるようになる。サービス開始当初は約1億5000万枚のカードが連携の対象になる。

デジタルウォレットの分野ではアップルの「アップルペイ」やペイパル・ホールディングスが普及の面で先行している。利用者は保有カード情報をアップルペイなどに登録して決済に利用するが、金融機関にとっては自行発行のカードを経由した購買情報にアクセスできないという問題があった。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません