/

米大統領、「ノルドストリーム2」運営会社・幹部に制裁

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える

【ワシントン=坂口幸裕】バイデン米大統領は23日、ドイツとロシアを結ぶ新しいガスパイプライン計画「ノルドストリーム2」の運営会社と同社幹部に制裁を科すと発表した。22日に公表した対ロ制裁の第1弾の一環で、ウクライナ東部の親ロシア派支配地域に派兵を決めたロシアへの対抗措置になる。

米財務省によると、制裁の対象になるのは運営会社「ノルドストリーム2AG」とドイツ人の最高経営責任者(CEO)。在米資産が凍結され、米企業との取引が禁じられる。CEOは旧東独の情報機関出身で、ロシアのプーチン大統領に近い人物とされる。2012年にロシアから名誉勲章を授与され、ロシア国営の石油会社幹部などを歴任した。

バイデン政権は21年5月にパイプラインの建設に関わる船舶に制裁を科した一方、運営会社とCEOを制裁対象から除外した経緯がある。制裁リストから外した当時のバイデン政権の判断をめぐっては、野党共和党から強い批判が出ていた。

バイデン氏は23日の声明で「ロシアがウクライナに侵攻した場合、ノルドストリーム2を停止するよう緊密に調整してきた」と指摘。23日に制裁を科すよう指示したと明かした。「ロシアの行動がエスカレートすれば、さらなる措置の発動にちゅうちょしない」と警告した。

ロシアによるウクライナ侵攻を受け「世界がロシアのガスから他のエネルギーへの移行を促すきっかけになる」とも強調した。22日にノルドストリーム2の認可手続きを停止すると発表したドイツのショルツ首相に謝意を示した。

ノルドストリーム2は独ロを海底で結んで天然ガスを輸送する全長約1200キロメートルのパイプライン。21年9月に完成したが、稼働していなかった。バイデン氏はロシアに対する欧州のエネルギー依存が高まると懸念し、計画にかねて反対してきた。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン