/

この記事は会員限定です

恒大ショック一服、市場が向き合う長期戦(NY特急便)

米州総局次長 田口良成

[有料会員限定]

23日の米株式市場でダウ工業株30種平均は続伸。前日比506ドル高で終え、中国恒大集団の債務不安で週初に大きく下げた分も取り戻した。市場は恒大ショックをいったん吸収したが、危機は当面くすぶる。「伝染リスク」の見極めは長期戦になりそうだ。

この日の取引開始前、市場参加者は2本の記事にくぎ付けになった。ブルームバーグ通信は「中国当局が恒大に、短期的なドル建て債のデフォルト(債務不履行)を避けるよう伝え...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1084文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン