/

ドライブ・マイ・カーに米アカデミー賞 国際長編映画賞

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える

【ロサンゼルス=佐藤浩実】米映画界最大の祭典である第94回アカデミー賞の授賞式が27日(日本時間28日)にハリウッドで開かれ、濱口竜介監督の「ドライブ・マイ・カー」が国際長編映画賞を受賞した。日本映画が同賞に輝くのは「おくりびと」以来13年ぶり。国内外の映画賞を受けてきた濱口監督はついにオスカーを手にした。

「ドライブ・マイ・カー」は妻を亡くした演出家・俳優の主人公(西島秀俊さん)が専属運転手となった女性(三浦透子さん)などとの交流を通じて自身を見つめ直す物語だ。村上春樹さんの短編小説が原作で、多言語劇など映画独自の題材も取り入れている。約3時間に及ぶ長編だが、批評家を中心に高い評価を得ていた。

国際長編映画賞はアフガニスタンからの脱出をはかる青年を描いたアニメーション映画「FLEE フリー」(デンマーク)、村に赴任した教師と子供たちの交流を描いた「ブータン 山の教室」(ブータン)などと5作品で競った。その中でも「ドライブ・マイ・カー」の受賞が本命視されていた。

同賞は19年の授賞式まで外国語映画賞と呼ばれていた。日本映画では09年(第81回)に滝田洋二郎監督の「おくりびと」が受賞している。19年(第91回)には是枝裕和監督の「万引き家族」が候補に入ったが、受賞は逃した。

アカデミー賞のうち最も注目を集める作品賞にはシアン・ヘダー監督の「コーダ あいのうた」が選ばれた。監督賞は女性で3人目となる「パワー・オブ・ザ・ドッグ」のジェーン・カンピオン監督に決まった。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン