/

この記事は会員限定です

米小売り8~10月、ギャップ最終赤字 物流混乱が長期化

[有料会員限定]

【ニューヨーク=白岩ひおな、河内真帆】2021年8~10月期の米小売り決算が23日、出そろった。消費意欲の回復をうけ、同日発表した家電量販店ベストバイなどは軒並み増収増益となった一方、衣料品大手のギャップは物流費の上昇などで最終赤字となった。コスト増の要因である供給網の混乱は22年も続くとの声もあり、なお警戒が必要だ。

ギャップの8~10月期の最終損益は1億5200万ドル(約174億円)の赤字とな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1133文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン