/

米GM、EV6万8000台をリコール バッテリー発火の恐れ

【ニューヨーク=中山修志】米ゼネラル・モーターズ(GM)は23日、電気自動車(EV)「シボレー・ボルトEV」のバッテリーから発火する恐れがあるとして約6万8000台のリコール(回収・無償修理)を届け出た。2020年11月に続く2度目のリコールで、EVシフトを進める同社には痛いつまずきとなる。

リコール対象は17~19年型の車両で、7割以上が米国で販売された。充電中にバッテリーから発火したという複数の報告があり、全ての車両のバッテリーを交換する。GMは声明で「まれに生じる2件の製造上の欠陥を特定した」と説明した。

ボルトEVは韓国・LG化学製のバッテリーを使用しており、昨年11月にもバッテリーからの発火を理由にリコールを実施した。当時は充電を制御するソフトウエアの修正にとどめたが、ソフト修正済みの車両でも新たに発火が報告され、GMとLGが原因を調べていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン