/

ビットコイン急落続く 3万1100ドル台、投げ売りが連鎖

(更新)
ビットコインは一時、最高値の半値以下に=ロイター

【ニューヨーク=後藤達也】23日の暗号資産(仮想通貨)市場でビットコインが急落した。コインデスクによると米東部時間正午過ぎ(日本時間24日午前1時過ぎ)には一時3万1100ドル台と前日より18%近く下落した。23日に大きな材料は出ていないが、米中の取引規制強化への警戒から投資家の投げ売りが続いている。

4月につけた史上最高値(6万4801ドル)から一時半値以下に落ち込んだ。5月19日は取引障害などの混乱で、一時3万201ドルまで急落したが、このときを除けば1月29日以来の安値となる。イーサリアムやリップルなどほかの仮想通貨も軒並み急落した。

5月の調整のきっかけはテスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)が12日にビットコインでのテスラ車の決済停止を表明したことだ。これまで仮想通貨投資への積極論で市場の注目を集めていただけに悪材料視された。22日にはマスク氏がツイッターに「暗号資産を支持する」と投稿したが、価格上昇には至らなかった。

先週には米中政府が仮想通貨取引の監視や規制を強化する方針を相次いで表明。買いの持ち高を大きく膨らませていた個人投資家が投げ売りに迫られている。

19日に仮想通貨が急落したときには米株式市場でテスラやコインベース・グローバルなどの関連銘柄も売られた。ビットコインの調整が深まれば、株式市場の心理にも悪影響が及ぶ恐れがある。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン