/

この記事は会員限定です

AppleやAmazonも 米巨大IT、仮想通貨決済に食指

シリコンバレー支局 白石武志

[有料会員限定]

アップルやアマゾン・ドット・コムなどの米IT(情報技術)大手がこぞって暗号資産(仮想通貨)を使った決済サービスの導入に前向きになっている。値動きが激しく税務面の複雑さを抱える仮想通貨は決済に不向きとされてきたが、米国では成人の16%がなんらかの仮想通貨を取引した経験があるという調査結果もある。新たな消費トレンドを生み出し続ける巨大プラットフォーマーの動きに注目が集まっている。

アップルCEOも仮想通貨保有

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1885文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

グローバルViews

いま大きく揺れ動く、世界経済。 自分か。自国か。世界か。このコラムでは、世界各地の記者が現地で起きる出来事を詳しく解説し、世界情勢の動向や見通しを追う。 今後を考えるために、世界の“いま”を読み解くコラム。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン