/

米大統領報道官、TPP「不完全」 早期復帰に慎重

サキ氏はTPP復帰に慎重なバイデン氏の考えを代弁した(22日、ホワイトハウス)=ロイター

【ワシントン=鳳山太成】サキ米大統領報道官は22日、前政権が離脱した環太平洋経済連携協定(TPP)について「バイデン大統領は完全ではないと考えている」と述べ、復帰を検討する場合は再交渉が前提になるとの見方を改めて示した。早期の復帰に慎重な姿勢を貫いた。

サキ氏はTPPの協定内容について「バイデン氏は改善しなければいけないと考えている」と述べた。これまでバイデン氏はTPPに復帰する場合は再交渉を求めると明言している。支持基盤の労働者層には、雇用が流出するとの警戒感が根強い。

バイデン氏は対米投資が拡大するまで新たな貿易協定を結ばない方針を決めており、通商交渉は後回しにする構えをみせてきた。サキ氏も「現時点で我々の焦点は労働者層や中間層にある」と述べ、雇用対策など内政を重視する姿勢をにじませた。

まるわかりバイデン政権始動へ

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

バイデン政権

アメリカの「バイデン政権」に関する最新ニュースを紹介します。その他、日米関係や米中対立、安全保障問題なども詳しく伝えます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン