/

この記事は会員限定です

買収目的会社SPAC乱立、問われる真価(NY特急便)

米州総局 伴百江

(更新) [有料会員限定]

22日の米株式市場でダウ工業株30種平均は反落したが、ハイテク株の比率の高いナスダック総合株価指数は最高値で終わった。株式市場では個人投資家が先導してハイテク株ブームが続いている。量的金融緩和でだぶつく資金は企業買収を目的とした上場会社「SPAC」にも向かう。ソフトバンクグループによる米当局へのSPAC上場申請もその1つだ。

SPACのベテラン機関投資家に、ソフトバンクGのSPACをどう受け止め...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1106文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン