/

米・フィリピン首脳、南シナ海情勢を協議 初の対面会談

【ニューヨーク=中村亮】バイデン米大統領は22日、ニューヨークでフィリピンのマルコス大統領と会談した。ホワイトハウスの声明によると、中国が実効支配を強める南シナ海の情勢について議論し、航行の自由の維持に向けて協力を確認した。

マルコス氏が6月末に大統領へ就任してから両氏が対面形式で会うのは初めて。バイデン氏は会談で「きょう議論したいことの一つは、あなたが最も懸念していることに対してどのように協力して対処するかだ」と語った。フィリピンは南シナ海の南沙(英語名スプラトリー)諸島の領有権をめぐり中国と対立している。

バイデン氏は「わたしたちは不安定なときもあった」と言及した。フィリピンのドゥテルテ前大統領は米国と距離を置く場面が目立った。フィリピンで米軍の活動を可能にする訪問軍地位協定の破棄を米国へ一方的に通告して対立が先鋭化した。

マルコス氏は米国との関係改善を目指している。会談で「我々の地域の平和を維持するうえで米国の役割は地域の全ての国、とりわけフィリピンから大変感謝されている」と強調した。

「最近数カ月で生じた全ての複雑な出来事のなかで平和を維持していくために両国が共同またはそれぞれで担う役割についてさらに議論したい」と語った。中国が軍事的圧力を強める台湾に関して議論が及んだ可能性がある。

フィリピンのホセ・マヌエル・ロムアルデス駐米大使は8月末、日本経済新聞の取材で米軍が台湾をめぐる有事に対応する場合にフィリピンの軍事基地の使用を条件付きで認める考えに言及した。フィリピンは地理的に台湾に近い。米国ではフィリピンの協力が得られれば中国に対する抑止力が強まるとの見方が多い。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

バイデン政権

アメリカの「バイデン政権」に関する最新ニュースを紹介します。その他、日米関係や米中対立、安全保障問題なども詳しく伝えます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン