/

バイデン氏「年初に追加対策」 雇用増へインフラ投資

新政権、サイバー攻撃の対策も急務

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える

【ワシントン=河浪武史】バイデン次期米大統領は22日の演説で、新型コロナウイルスのワクチン普及などを目的に「来年初めに追加の経済対策を用意する」と述べた。米議会は21日に9000億ドル(約93兆円)の財政出動を決めたばかりだが「雇用創出へインフラ投資などが必要だ」と強調した。

バイデン氏はクリスマス休暇を前に、地元の米東部デラウェア州で公式演説に臨んだ。「新型コロナ危機が発生し、今年は米国にとって最も厳しい1年のひとつだった」と振り返った。「コロナとの闘いで最も暗い日々が待っている」と指摘。感染拡大が止まらず「今後数カ月はさらに犠牲者が増えるだろう」と語った。

米議会は大型の財政出動を決めたばかりだが、バイデン氏は「頭金」と呼び、「単なる第一歩にすぎない」と述べた。1月20日の新政権発足直後に新たな経済対策を打ち出す考えを表明した。

「今週、議会は役割を果たした。来年、私は彼らに同じことをするよう求める」と話した。追加対策の優先事項として①3億人の米国民へのワクチン普及②コロナ禍による失業者対策③インフラ投資による新たな雇用創出――を挙げた。家計への新たな現金給付策を含める考えも示した。

21日に議会で可決した経済対策も、失業給付の特例支給などを盛り込んだが、期限は21年3月までと短い。ワクチンが大規模に普及するのは21年半ば以降とみられ、追加の雇用維持策が必要になる。バイデン氏は4年で2兆ドルという巨額のインフラ投資を公約してきたが、今回の対策には含まれておらず、公共投資の積み増しが21年の最大の政策課題となる。

バイデン氏は新政権の緊急課題として「サイバー攻撃対策」にも言及した。3月から12月にかけて、国防総省など複数の政府機関や企業が大規模なサイバー攻撃を受けたとしており、ポンペオ国務長官はロシアによる攻撃だと断定している。バイデン氏は「ロシアの破壊的なサイバー攻撃の過去からすれば、確かに同国の仕業と思えるが、トランプ政権は公式に攻撃源を特定すべきだ」と迫った。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

バイデン次期政権

アメリカの「バイデン政権」に関する最新ニュースを紹介します。その他、日米関係や米中対立、安全保障問題なども詳しく伝えます。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン