/

この記事は会員限定です

米地銀に再編の波 テック投資が引き金に (NY特急便)

米州総局 宮本岳則

[有料会員限定]

22日の米国株式市場ではハイテク株が総崩れとなった。長期金利の上昇によって株価の「割高感」が意識され、テスラは終値で前週末比9%安、アップルは同3%安まで売られた。マネー逃避先の1つとして存在感をみせたのが米銀行株だ。景気回復見通しに加え、M&A(合併・買収)期待が株価を支えている。

「統合によって規模を生かせるようになる」。22日早朝に開かれた米地銀M&Tバンクと同ピープルズ・ユナイテッド・ファ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1428文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン