/

この記事は会員限定です

仮想通貨事業者、米国で強まる規制強化論 FTX破綻で

(更新) [有料会員限定]

【ニューヨーク=斉藤雄太】暗号資産(仮想通貨)交換業大手FTXトレーディングの経営破綻をきっかけに、米国内で仮想通貨事業者の規制強化の機運が高まってきた。当局の監督体制が曖昧なまま被害が広がったという問題意識が背景にある。事業者の健全性・透明性の確保や投資家保護の体制整備が急務となるが、実効性のある規制を敷くうえでは課題も多い。

「有害な利益相反や責任ある企業統治とリスク管理の不在、顧客資産の保...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1935文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません