/

マスク氏、Twitterに和解案 合意済み価格で買収と伝達

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える
【この記事のポイント】
・マスク氏、4月下旬に合意した価格で買収取引を進める考え伝達
・10月中旬に始まる法廷での審理を前に歩み寄りか
・ツイッターは提案を受け入れるかを慎重に検討

【シリコンバレー=白石武志】総額440億ドル(約6兆3000億円)の買収取引の撤回をめぐる米ツイッターとの裁判で米起業家のイーロン・マスク氏が同社に和解に向けた提案を示したことが4日、明らかになった。4月下旬に合意した価格で買収取引を進める考えを伝えた。マスク氏は10月中旬に始まる法廷での審理を前に歩み寄ることで、対立の長期化を避ける狙いとみられる。

マスク氏の弁護団が4日、3日付でツイッターに送った書簡を米証券当局への届け出で開示した。同氏側は裁判所がツイッターとの訴訟を即時停止することなどを条件に、4月下旬に合意した1株あたり54ドル20セントの価格で買収取引を進める意向を伝えた。

ツイッターの広報担当者は4日、「マスク氏側から書簡を受け取った」と認め、「当社の意図は1株あたり54ドル20セントで取引を終了することだ」と従来の立場を繰り返した。米紙ワシントン・ポストによると、ツイッターは提案を受け入れるかどうかを慎重に検討しているという。

米西部時間4日午前にマスク氏による和解案の提示を最初に伝えた米ブルームバーグ通信の報道を受け、米ニューヨーク証券取引所(NYSE)はツイッター株の売買を一時停止した。午後に再開し、前日終値に比べ22%高い52ドルで取引を終えた。

ツイッター上で1億人を超えるフォロワーを抱えるマスク氏は投稿管理などの検閲的行為が行き過ぎであるとの問題意識から同社の買収に乗り出し、4月下旬に買収契約を結んだ。同氏はその後、実態のない偽アカウントの多さに疑念を示し、7月上旬に買収契約を破棄すると表明した。

一方的な解約を不服とするツイッターは合意済みの価格と条件で買収取引に応じるよう求めて、7月中旬に登記上の本社を置く米東部デラウェア州の裁判所にマスク氏を相手取った訴訟を起こした。現在は双方の弁護団による証拠開示手続きが進んでいる。10月17日からは5日間の日程で法廷における審理が始まる予定になっていた。

ニューズレター

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

イーロン・マスク

テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)に関する最新ニュースをまとめました。Twitter買収を巡る問題、宇宙ビジネスのスペースXの最新動向など関心の高い話題をお届けします。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン