/

米ターゲット、40年までに温暖化ガス排出を実質ゼロに

ディスカウントストア大手ターゲットは全てのプライベートブランド(PB)商品を環境に配慮した製品にする=ロイター

【ニューヨーク=白岩ひおな】米ディスカウントストア大手のターゲットは22日、2040年までに温暖化ガス排出量を実質ゼロにすると発表した。40年までに全てのプライベートブランド(PB)商品をリサイクルしやすく環境に配慮したデザインに変更する。環境対策に消費者の関心が高まるなか、持続可能な製品への移行を加速させる。

ターゲットはアパレルなどさまざまな分野でPB商品を開発している。こうしたPB製品にリサイクルなど持続可能な方法で調達した素材を使うほか、再利用や修理がしやすい製品に移行し、廃棄物の削減につなげる。すでに再生ポリエステルや再生紙、100%リサイクル可能なボトルを使った製品などを取り入れている。

30年までに持続可能な製品やサービス市場で主導的な地位を占めることを目標に掲げる。40年までに、温暖化ガスの排出を実質ゼロにする計画だ。米国内の事業所で埋め立てられる廃棄物をなくし、事業やサプライチェーン全体で排出される二酸化炭素をゼロにする。

ターゲットのブライアン・コーネル会長兼最高経営責任者(CEO)は「ビジネスと健全な地球環境を維持するためには、取り組みを前進させるための新たな方法を取り入れることが不可欠だ」と述べた。

他の小売企業も環境負荷の少ない製品への対応を進めている。米小売り最大手ウォルマートはアパレルや靴などの中古品を販売するThredUpと提携し、オンライン上で女性や子ども向けの衣料などの中古品を取り扱う。ウォルマートは再生可能エネルギーの使用や長距離輸送を含む車両の電動化などで、40年までに温暖化ガス排出をゼロにする目標を掲げている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン