/

トルコ、国産ワクチン承認で量産開始 来週以降使用へ

【イスタンブール=共同】トルコのコジャ保健相は22日、同国初となる新型コロナウイルスの国産ワクチンの緊急使用が承認されたと発表した。不活化ワクチンで、量産を開始した。来週以降接種に使われるという。アナトリア通信が報じた。

トルコでは中国の科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)製と、米国のファイザー社とドイツのビオンテック社が共同開発したワクチンが使われてきた。エルドアン政権は国産ワクチンをアフリカ諸国にも提供する考えを示してきた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン