/

この記事は会員限定です

米航空、最悪期脱す ワクチン普及で赤字6割圧縮

(更新) [有料会員限定]

【ニューヨーク=大島有美子】米航空大手の業績が最悪期を脱しつつある。22日に出そろったアメリカン航空など大手3社の2021年1~3月期決算は、合計の最終赤字が37億8400万ドル(約4100億円)とピークから6割圧縮した。新型コロナウイルスワクチンの普及で国内観光需要が回復し、1日当たりの現金流出も半減した。黒字転換に向け、ドル箱の国際線や法人需要の回復がカギを握る。

「とても暗かったトンネルの出...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1715文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン