/

米の財政赤字314兆円 11.5%縮小も過去2番目の大きさ

(更新)

【ワシントン=長沼亜紀】米財務省と行政管理予算局(OMB)は22日、2021会計年度(20年10月~21年9月)の財政収支は、累計で約2兆7720億ドル(約314兆7600億円)の赤字だったと発表した。赤字額は過去最高だった前年度と比べると11.5%減ったが、過去2番目の大きさとなった。

新型コロナウイルス対策の財政出動で前年度に続き歳出が膨らんだが、景気回復による歳入増で相殺され、赤字が縮小した。歳出は6兆8180億ドルで前年度比4.1%増えた。1人当たり最大1400ドルの現金給付や、貧困層への食費補助、子育て世帯への税控除制度を利用した給付金などで支出が増えた。歳入は4兆460億ドルで18.3%増だった。就労者数が増え企業利益も伸びたことから、所得税や法人税などの税収が増えた。

財政赤字の国内総生産(GDP)に占める比率は12.4%だった。20%を超えた第2次世界大戦時に次ぐ大きさだった前年度(15.0%)からは2.6ポイント縮小したが、それでも金融危機時の09年度(9.8%)を大幅に上回った。連邦政府債務は28兆4300億ドルに膨らんだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン