/

3月の米中古住宅販売、2カ月連続減 価格は過去最高に

「売り家」の看板を掲げる販売物件(21日、ミネソタ州ミネアポリス)=AP

【ワシントン=長沼亜紀】全米不動産協会(NAR)が22日発表した3月の中古住宅販売件数は、季節調整済みの年率換算で601万戸と前月比3.7%減少した。2カ月連続のマイナスで、2020年8月以来7カ月ぶりの低水準となった。ダウ・ジョーンズまとめの市場予測(611万戸程度)を下回った。

販売価格(中央値)は32万9100ドル(約3600万円)と過去最高を記録し、前年同月比で17.2%値上がりした。前年比の伸び率も過去最高だった。

NARは、価格高騰と住宅ローン金利の上昇、手ごろな価格の物件の減少を販売件数の減少要因になっていると指摘した。これまで好調な住宅市場がコロナ危機からの景気回復をけん引してきた。経済再開で雇用と家計の見通しは改善しているが、住宅市場では販売価格の高騰が重荷となり始めている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン