/

この記事は会員限定です

バイデン氏の息子に捜査 縁故主義の影

試練のバイデン政権(3)

[有料会員限定]

20日、第46代米大統領に就いたジョー・バイデン。家族でホワイトハウスの公職に就くのは、大統領夫人のジル・バイデンだけだ。「壊れた家族を修復するにはどうしたらいい。愛と理解、少しの親切。国も同じ」。選挙戦では分断の米国の修復を家族になぞらえてこう語った。そのジルもファーストレディーとしての公務と英語教師の仕事の「二足のわらじ」をはき、政治への関与は限られる。

バイデン政権の縁故主義の徹底的な排除は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り722文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

バイデン政権

アメリカの「バイデン政権」に関する最新ニュースを紹介します。その他、日米関係や米中対立、安全保障問題なども詳しく伝えます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン