/

この記事は会員限定です

国連委、日本の核廃絶決議採択 核禁止条約には言及せず

(更新) [有料会員限定]

【ニューヨーク=白岩ひおな、吉田圭織】国連総会で軍縮を担当する第1委員会が27日、日本が提出した核兵器廃絶に向けた決議を賛成多数で採択した。被爆地である広島出身の岸田文雄首相が就任してから初の決議だが、核兵器の保有や使用を全面禁止する核兵器禁止条約(TPNW)には言及せず、現状維持にとどめた。

米国とロシアによる新戦略兵器削減条約(新START)の5年間の延長合意を歓迎した上で、核保有国が透明性を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1326文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン