/

5月の米中古住宅販売、価格は過去最高更新 件数は減少 

(更新)

【ワシントン=長沼亜紀】全米不動産協会(NAR)が22日発表した5月の中古住宅販売価格(中央値)は35万300ドル(約3870万円)となり、前年同月比で23.6%値上がりした。価格、伸び率のいずれも過去最高を更新した。旺盛な需要に対して物件が不足する状況が続いていおり、価格が上がり続けている。

NARのエコノミストは「手ごろな物件が少なくなり、初めて住宅購入を考えている人の一部は市場から締め出されている」と指摘した。

一方、販売件数(季節調整済みの年率換算)は580万戸と前月から0.9%減った。4カ月連続の減少だが、ダウ・ジョーンズまとめの市場予測(573万戸程度)はやや上回った。前年同月比では44.6%増えた。

販売件数に占める初めての住宅購入者の比率は31%で前年同月から3ポイント低下した。一方、住宅ローンを組まず現金で購入することが多い投資家や2軒目の住宅購入者は17%で3ポイント上昇した。NARのエコノミストは「新型コロナ禍で別荘への関心が高まった。企業が遠隔勤務に関して新しい方針を出す中で人気は続いている」と分析した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン