/

この記事は会員限定です

10月の米景況感、5カ月ぶり改善 サービス業が復調

ユーロ圏は3カ月連続悪化

(更新) [有料会員限定]

【ニューヨーク=斉藤雄太】英IHSマークイットが22日発表した米国の10月の購買担当者景気指数(PMI、総合)の速報値は57.3と9月から2.3ポイント上昇し、5カ月ぶりに前月を上回った。新型コロナウイルスの感染再拡大が一服し、サービス業が持ち直した。ユーロ圏では景気の減速感が強まっており、米経済の底堅さが目立つ。

米国の総合指数は5月の68.7をピークに低下を続けていたが、10月に反転上昇した。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1161文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン