/

ビットコイン一時3万ドル割れ 中国の規制強化で

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える

【ニューヨーク=後藤達也】暗号資産(仮想通貨)のビットコインが22日、一時3万ドルを割り込んだ。中国で取引などの規制強化が相次ぎ、価格上昇への期待が急速にしぼんでいる。4月に付けた史上最高値からは5割以上下落しており、含み損が膨らんだ個人投資家からの投げ売りも強まっている。

コインデスクによると、米東部時間22日午前10時(日本時間午後11時)時点のビットコイン価格は2万9200ドル程度で、24時間前と比べ10%以上下落した。3万ドルを下回るのは1月28日以来、約5カ月ぶりだ。イーサリアムやリップルなど他の主な仮想通貨も軒並み下げた。

中国人民銀行(中央銀行)は21日、銀行などに仮想通貨の取引に関連するサービスを提供しないよう指導した。中国当局はここ数カ月で取引やマイニング(採掘)の規制を相次いで打ち出している。米国でも採掘にかかる膨大なエネルギーや投機的な値動きに警戒を示す当局者が増加。2020年秋から急速に強まった投機熱が冷めてきた。

ビットコインは値動きの軽さから、個人投資家の投機的な売買も急増していた。だが最近は1日で10%以上値下がりすることも頻発しており、投資余力のなくなった個人が投げ売りする動きも広がっている。

仮想通貨関連企業のギャラクシー・デジタル・ホールディングスのマイケル・ノボグラッツ最高経営責任者(CEO)は22日、米CNBCに出演し、ビットコインには「大きな下振れ余地がある」と述べた。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン