/

Zoomが技術外販 ゲームやアプリに「ズーム入ってる」

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える
Zoomはビデオ技術の外部提供を始める=ロイター

【シリコンバレー=佐藤浩実】米ズーム・ビデオ・コミュニケーションズは22 日、ビデオ会議「Zoom」の技術を外部に販売すると発表した。アプリ開発者向けのソフトを配布し、通販サイトやゲームなどにビデオ通話の機能を加えやすくする。コロナ下で得た「途切れにくさ」への評判を生かし、技術インフラも提供する企業への脱皮をはかる。

「ビデオSDK」と呼ぶ開発支援ソフトの配布を始めた。同ソフトを使うと、様々なアプリにビデオ通話の技術を簡単に組み込める。例えば通販サイトに店員と相談しながら服を選ぶ機能を付けたり、参加者が話しながら対戦できるゲームアプリを作ったりしやすくなる。遠隔の医療診断や金融相談サービスなどでの採用も見込む。

ビデオ通話の技術を外部アプリが使える。写真はゲームアプリでの利用イメージ。

ズームによれば、ビデオ通話が月1万分に達するまでは無料で使えるようにする。その後は利用時間に応じて料金を徴収する仕組みだ。年間1000ドルを払うと、毎月3万分まで使えるプランも用意する。

「黒子」に徹し利用者増やす

日本経済新聞の取材に応じたブレンダン・イッテルソン最高技術責任者(CTO)は「ビデオSDKは『Zoom』と全く同じ映像や音声技術を用いている」と話した。ただしズームのロゴは表示せず、画面の構成などもアプリに合わせて作りこめるようにするという。自社ブランドのサービスとは対照的に「黒子」に徹する。

ズームはコロナの感染が広がるなかで知名度と業績を伸ばした企業の代表格だ。在宅勤務が浸透した2021年1月期は大企業の契約が増え、売上高が4.3倍の26億5136万ドル(約2880億円)になった。米調査会社のモーニングコンサルトによれば、20年初めに57%だったブランド認知度は同11月には90%まで高まった。

一方、ビデオ通話が普及するなかで「ズームの技術だけを『部品』としてアプリに組み込みたいという要望も増えた」(イッテルソンCTO)。ズームの顧客数(従業員10人超)は約47万社だが、スマートフォンやパソコン向けアプリの数は無数にある。自社サービスだけでなく技術提供にも乗り出すことで、間接的にズームの技術に触れる利用者を増やす狙いだ。

ZoomのイッテルソンCTO

「コロナ後」見据え外販強化

ビデオ技術の外販は米アマゾン・ドット・コムのクラウド子会社などが手掛けており、ズームは後発となる。イッテルソン氏はビデオ会議サービスでも米シスコシステムズなどの大手企業と競争してきた経緯に触れ「自社サービスで実証してきた使い勝手や信頼性を強みにする」と話した。

ズームが新事業に取り組むのは、コロナの収束後を見据えるためでもある。米マイクロソフトが22日に公表した調査によると、67%の働き手がコロナ収束後は「対面での仕事を増やしたい」と考えているという。ビデオ会議サービスの利用は続く見通しだが、頻度は下がる可能性が高い。ズームの株価は1年前の2倍の水準にあるものの、ピークだった20年10月と比べると4割下がった。

かつて米インテルは性能の高いCPU(中央演算処理装置)を様々なパソコンメーカーに供給するビジネスモデルを確立し、「インテル入ってる」という言葉を有名にした。ズームが技術の外販で「ズーム入ってる」を実現できるかどうかは、中長期の成長力も左右する。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン