/

この記事は会員限定です

ブラジル国営石油、大統領の人事介入で株価急落 20%安

[有料会員限定]

【サンパウロ=外山尚之】ブラジルのボルソナロ大統領が同国最大の企業である国営石油会社ペトロブラスの人事に介入し、同社の株価や通貨レアルが売られている。目先の支持を獲得するため、企業に不利になる形の燃料価格の引き下げを政権が強要する形となり、同政権が進めてきた経済改革路線の推進にも悪影響を及ぼしかねない。

22日のブラジル株式市場でペトロブラスの株は売られ、前週末比で一時20%を超える下落幅を記録し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り953文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン