/

台湾、IPEF発足時は不参加 米高官

米ホワイトハウスのサリバン大統領補佐官(国家安全保障担当)は22日、新たな経済圏構想「インド太平洋経済枠組み(IPEF)」に台湾が発足時に参加しないと明かした。当面は半導体のサプライチェーン(供給網)構築や先端技術などの経済協力を米国と台湾の間で進めると強調した。

大統領専用機で記者団の質問に答えた。サリバン氏はIPEFについて「非常に幅広いメンバーで構成される。数カ月、数年先には他の国も参加するだろう」と述べ、参加国の拡大に自信をみせた。発足時の参加国数など詳細は示さなかった。

バイデン米大統領来日

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン