/

この記事は会員限定です

黒人差別抗議が投票の原動力 バイデン氏勝利の立役者に

2020年 衝突の残像③

[有料会員限定]

12月初旬、ニューヨーク州北部ブライトンにある約300棟の住宅が黒人でも保有できるようになった。黒人差別に反対する人権団体の署名運動を受けて、有色人種の住宅保有を制限する規約を住民が変更。同地区で100年近く続いた黒人の住宅差別がようやく解消された。

米国で5月に発生した警官によるジョージ・フロイド氏の暴行死。これをきっかけに広がった「ブラック・ライブズ・マター(BLM=黒人の命は大切だ)」の土壌...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り989文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン