/

遺体遺棄の穴200以上か マリウポリ近郊衛星画像

(更新)

【ロンドン=中島裕介、ワシントン=坂口幸裕】ロシアが掌握を宣言したウクライナ南東部の港湾都市マリウポリ近郊の墓地付近に200カ所以上の穴がつくられたことが22日までに判明した。同市長顧問はSNS(交流サイト)で「占領者(ロシア軍)が市民の遺体をトラックで運び遺棄した。戦争犯罪を隠蔽しようとしている」と投稿した。

米衛星運用会社マクサー・テクノロジーズが公開した3月中旬から4月上旬の画像で明らかになった。マリウポリ市西部20キロメートルの村の墓地付近で穴が増えていく様子が確認でき、長さ85メートルの埋葬地が4区画ある。

マリウポリ市議会は民間人ら最大9千人が埋められた可能性があるとSNSに投稿した。同市全体で2万2千人が殺害されたとも言及した。

首都キーウ(キエフ)郊外のブチャなどで見つかった遺体は1084人分になったとキーウ州の警察当局が22日公表した。欧米諸国などは戦争犯罪だと非難しており、マリウポリの惨状が明らかになるにつれて追加制裁や軍事支援が加速する可能性がある。

マリウポリはアゾフ海に面した重要な港湾都市。ロシア軍は2014年に併合したクリミア半島とウクライナ東部をつなぐ回廊をつくるため、市街地を破壊しながら制圧を急いできた。

ロシアは21日にマリウポリの掌握宣言と同時に、ウクライナ軍が立てこもって抵抗を続けた製鉄所の掃討作戦の停止と一帯の封鎖を命じた。ウクライナ側は製鉄所で抵抗が続いているとして、都市の陥落を認めていない。英国防省は22日、製鉄所を全面攻撃すれば「ロシア軍に甚大な死傷者が発生する」と分析し、ウクライナ東部への再配置のために完全制圧を断念したとの見方を示した。

今後は東部ドンバス地方を中心に、支配地域を広げたいロシアと反撃するウクライナ軍の戦闘が激化する公算が大きい。タス通信は22日、第2段階の侵攻目標はウクライナ東部だけでなく南部の制圧にもあり、モルドバの親ロシア派分離地域への出口確保につながるとロシア軍高官が述べたと伝えた。

米欧は火砲や装甲車など重武装の提供を急ぐ。バイデン米大統領は21日の演説で「ロシアは東部での作戦に集中しており、この戦争が次の段階に入る重要な時期にある」と訴えた。東部は建物や森林などが少ない見晴らしのいい地形が多く火砲や戦車の重要性が増すとみる。

米欧の軍事支援の内容は戦術の転換がにじむ。米政府が21日に決めた8億ドル(約1030億円)相当の武器供与では、13日の支援策に入れた18基の155ミリりゅう弾砲をさらに72基追加し、長距離火砲を5倍に拡充する。

りゅう弾砲を移動させる輸送車72台と砲弾14万4千発を送る。砲弾は前回に決めた4万発から大幅に増やす。在庫が低下している弾薬を拡充し、激しい地上戦を想定した態勢を拡充する。

ロシアの侵攻後、米国が決めたウクライナへの軍事支援は計34億ドル。2020年の同国の国防費59億ドル(ストックホルム国際平和研究所調べ)の6割近くに達する。

欧州連合(EU)のミシェル大統領は22日、ロシアのプーチン大統領と電話協議した。ロシア大統領府によると、プーチン氏はウクライナ側に一貫性がないとして、停戦に向けたゼレンスキー大統領との直接協議に消極的な姿勢を示した。

欧州では、戦闘初期に携行型兵器を中心に支援した英国のジョンソン首相が9日のゼレンスキー大統領との会談で、装甲車両120台と対艦ミサイルの支援を約束した。地元メディアによると、チェコは4月上旬に旧ソ連製戦車など数十両の戦闘用車両の供与を決定した。米国防総省高官は「ウクライナ軍は同国内でロシア軍より多くの戦車を保有する」とみる。スロバキアも旧ソ連製の地対空ミサイルシステム「S300」を提供したと明らかにした。

EUは13日に5億ユーロ(約700億円)の追加軍事支援を発表し、支援額は累積で15億ユーロとなった。加盟国はこれを原資にさらなる兵器支援の質・量の増強を探る。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ウクライナ侵攻

ロシアがウクライナに侵攻しました。NATO加盟をめざすウクライナに対し、ロシアはかねて軍事圧力を強めていました。米欧や日本は相次いでロシアへの制裁に動いています。最新ニュースと解説をまとめました。

■最新の戦況  ■マーケット・金融への影響  ■ビジネスへの影響  ■調査報道

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン