/

カナダ中銀、国債購入を縮小 緩和正常化で先陣

【ニューヨーク=後藤達也】カナダ銀行(中央銀行)は21日の金融政策決定会合で、国債の購入を減額することを決めた。想定以上に経済回復が進んでおり、主要国の中銀でいち早く金融緩和の正常化に動く。

国債の購入額は週30億カナダドル(約2500億円)とし、従来の40億カナダドルから減らす。カナダは新型コロナウイルスのワクチン接種が進み、2月から雇用が回復している。カナダ銀行のマックレム総裁は「コロナ感染に対する経済の耐久性へ自信を深めている」とする。

カナダ中銀は21年の経済成長率を6.5%、22年は3.75%と予想する。失業が減り22年後半には物価上昇率が2%程度に達する見通しを示した。時期は明言していないが、経済が予想通りに回復すれば利上げを進める可能性がある。

21日の外国為替市場ではカナダドルが上昇した。発表直前には1米ドル=1.26カナダドル台前半で取引されたが、発表後に1.24カナダドル台後半まで、米ドル安・カナダドル高が進む場面があった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン