/

この記事は会員限定です

カタールLNG増産、日本勢正念場 「脱ロシア」で争奪戦

[有料会員限定]

中東カタール国営の石油・ガス会社カタールエナジーが、液化天然ガス(LNG)の大規模増産プロジェクトでパートナー選びを本格化している。26日までに米エクソンモービルなど欧米の石油メジャー4社の権益獲得が決まった。日本の商社も参画に挑んでいるが、厳しい商談が続いている。欧州の脱ロシアなどでLNG争奪競争の激しさが増すなか、日本勢は正念場を迎えている。

今回のプロジェクト名は「ノース・フィールド・イー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1727文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン