/

この記事は会員限定です

米黒人暴行死1年 やまぬ暴力、人種多様性に試練

[有料会員限定]

【ニューヨーク=大島有美子】米中西部ミネソタ州ミネアポリスで、黒人男性ジョージ・フロイド氏が白人元警官に殺害された事件から25日で1年となる。黒人差別に抗議する「ブラック・ライブズ・マター(BLM=黒人の命は大切だ)」運動は全米に広がり、米社会にはびこる人種差別を再認識させた。企業や自治体は是正に向け声を上げるが、直近ではアジア系に対する憎悪犯罪(ヘイトクライム)が増加し、人種間の分断はむしろ深ま...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1306文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン