/

Amazonの無料配送特典、外部ECサイトでも提供

【シリコンバレー=白石武志】米アマゾン・ドット・コムは21日、会員制サービス「プライム」向けの無料配送などの特典を米国内の他社の電子商取引(EC)サイト上でも利用できるようにすると発表した。自前のECサイトで商品を売りたい中小企業にIT(情報技術)基盤などを提供し、同様のサービスで急成長するショッピファイ(カナダ)に対抗する。

新サービスの名称は「Buy with Prime(バイ・ウィズ・プライム)」。自前のECサイトを運営する中小企業などに、プライム特典付きの商品を売るための決済や配送管理などのIT基盤を提供する。当初はアマゾンのECサイトの出品者らを対象に招待制でサービスを始める。

米国内で約1億5000万人に上るとされるプライム会員は、アマゾンのアカウントに保存した支払い情報や配送情報を使って外部のECサイトで商品を購入できるようになる。アマゾンのECサイトと同様に、送料無料や返品無料などの特典も受けられる。

新サービスを利用する加盟店は決済や梱包・発送などに関連する手数料をアマゾンに支払う。固定料金や長期契約は不要で、いつでもプライム特典付きの品ぞろえを拡充したり、解約したりできるとしている。

アマゾンのECサイトで販売する外部出品者の商品の取扱高は、同社の直販事業の売上高を上回る規模になっている。一方で外部出品者の間ではアマゾンに顧客情報を握られることへの警戒感が根強い。2020年には外部出品者の販売データをアマゾンが自らのプライベートブランド(PB)商品の開発に不正利用していると報じられた。

ショッピファイは自前のオンライン店舗は持たず、外部事業者のECサイト構築支援に特化することでアマゾンへの出品をためらう中小企業などの利用を呼び込んできた。アマゾンは新サービスを利用する加盟店には買い物客のメールアドレスなどの情報を提供し、顧客との関係構築に活用できるようにするとしている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン