/

この記事は会員限定です

米政権とインテル、二人三脚の2兆円新工場 透ける焦り

(更新) [有料会員限定]

【シリコンバレー=佐藤浩実、ワシントン=鳳山太成】米国が半導体の国産強化にアクセルを踏む。バイデン政権とインテルは21日、2兆円超を投じる新工場計画を共同で発表した。先端分野での地盤沈下や海外依存に危機感を覚える政権と、補助金を取り込み技術・生産面での遅れを挽回したいインテルの思惑が合致した。国主導の危うさを抱えながら、「国産半導体」を巡る国家間の覇権争いが本格化する。

「米国の半導体分野で過去...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1623文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン