/

中国当局、バイトダンス・リンクトインなど問題視

(更新)

【ニューヨーク=白岩ひおな】中国のインターネット監視当局は21日、動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」を運営する北京字節跳動科技(バイトダンス)、検索サイトの百度(バイドゥ)やマイクロソフトを含む企業が「利用者の不適切な情報収集をしていた」と指摘した。違法なデータの収集・利用をしていたアプリは105に上り、当局は15営業日以内に問題を修正するよう命じた。

名指しされたアプリには利用者が6億人を超えるティックトックの中国版「抖音(ドウイン)」や、バイドゥの検索アプリが含まれる。米マイクロソフト(MS)と同社の検索サービス「ビング」、ビジネス向けSNS「リンクトイン」の名前も挙げた。

中国国家インターネット情報弁公室(CAC)の声明によると、こうしたアプリは利用者の同意なしにデータを集めたり、サービスに必要のない情報まで取得したりしていたという。15営業日以内に問題を解決しなければ「法的措置を取る」と表明した。

中国当局はオンライン上のサービス提供を通じて大量の個人情報を握る大手IT(情報技術)企業への懸念を強め、国内で普及するアプリへの監視を強化している。10日にはネットサービス大手の騰訊控股(テンセント)や電子商取引大手のアリババ集団のセキュリティー関連アプリなど84のアプリが個人情報を違法に収集していたとして是正を命じた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン