/

米韓首脳、朝鮮半島の非核化めざす 台湾海峡でも協力

(更新)

【ワシントン=永沢毅】バイデン米大統領は21日、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領とホワイトハウスで会談した。対北朝鮮政策を巡り、両首脳は緊張緩和につながる現実的な措置を通じて非核化をめざす方針で一致した。共同声明に「外交と対話は朝鮮半島の完全な非核化と恒久的な平和構築に不可欠」と明記した。

バイデン氏は記者会見で「私たちは北朝鮮と外交を通じて関与していく」と表明し、北朝鮮担当特使にソン・キム国務次官補代行(東アジア・太平洋担当)の起用を明らかにした。同氏は元駐韓大使で北朝鮮核問題に精通しており、文氏は「対話外交への強い意志の表れだ」と人事を評価した。

北朝鮮との対話路線をめざすバイデン政権の方針が一段と鮮明になった。米国は北朝鮮に接触を試みているが、北朝鮮からの返答はない。

バイデン氏が就任後に外国首脳をホワイトハウスに迎えるのは菅義偉首相に続いて文氏が2人目。バイデン氏は会談で「米韓の協力はこの重要な地域で平和と安定を維持するのに不可欠だ」と語った。

共同声明では、トランプ前大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)総書記が2018年に署名したシンガポール共同声明などに基づいて外交と対話を推進すると打ち出した。バイデン氏が南北協力への支持を示すとともに、北朝鮮の人権状況の改善や人道支援の提供に向けた米韓協力もうたった。

バイデン氏は会見で、金正恩氏との首脳会談について「(非核化の)具体策を知ることが必要だ」と強調し、現時点では慎重な姿勢を示した。会談実現は北朝鮮の非核化に向けた具体的な取り組みが前提との考えを示したものとみられる。

対中政策に関しても議論した。中国が威圧を強めている台湾について、共同声明には中国の名指しを避けながらも「両首脳は台湾海峡の平和と安定の維持の重要性を強調する」と明記した。文氏は会見で「台湾海峡の平和と安定が非常に重要との認識をともにした」と述べ、米韓がこの問題で協力していくと明らかにした。

共同記者会見に臨むバイデン米大統領と韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領=ロイター

共同声明には中国を念頭に「ルールに基づく国際秩序を脅かし、不安定にするあらゆる行動に反対する」との文言を入れ、南シナ海での航行の自由の尊重などをうたった。両首脳は地域の課題に対処するため、日米豪印の4カ国連携の枠組みの活用と日米韓の協力を推進すると申し合わせた。

新型コロナウイルスのワクチン供給の拡大に向け、両国が協力を強化することも確認した。

米韓首脳会談は計2時間50分に及んだ。最初に通訳だけを交えて話し、少人数会合、閣僚らを交えた拡大会合に移った。

文氏は首脳会談に先立ち、ハリス副大統領と会談した際に「米韓には何の隔たりもない」と述べ、両国の協調をアピールした。

バイデン政権は歴代米政権の検証を踏まえて「緻密かつ現実的なアプローチ」によって対北朝鮮政策を進める方針を示している。ただ、その詳細は明らかにしていない。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

バイデン政権

アメリカの「バイデン政権」に関する最新ニュースを紹介します。その他、日米関係や米中対立、安全保障問題なども詳しく伝えます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン