/

この記事は会員限定です

中南米、米国にワクチン支援要請 変異型で中ロ頼み限界

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

【サンパウロ=外山尚之】中南米諸国が米国に対し、新型コロナウイルスのワクチン確保に向けた支援を求めている。変異ウイルスの感染拡大が止まらない中、有効性が低い中国製のワクチンに依存する体制が限界を迎えていた。ワクチン外交で中ロに出遅れるバイデン米政権の試金石となる。

「ワクチンの配布が効果的でタイミング良く、公平に行われていないことを認識して前進することが重要だ」。チリのピニェラ大統領は20日、中南...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1276文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン