/

この記事は会員限定です

ブル対ベア、「つかの間」インフレ論の行方(NY特急便)

米州総局 伴百江

[有料会員限定]

21日の米株式市場でS&P500種株価指数が最高値を更新した。前日の取引時間中に一時、最高値を上回ったダウ工業株30種平均は下げ渋り、6ドル安で引けた。主要株式指数が最高値圏で推移する中、市場参加者の間ではブル(強気)派とベア(弱気)派の商いが交錯する。両者の違いはインフレ見通しにある。

米金融市場ではインフレが「transitory」か「structural」かが議論の中心となっている。前者は「...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1156文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン